2022.03.14

瀬尾幸子先生が教えるラクうまごはんのコツ🍳
【肉じゃがは強火・短時間で仕上げれば煮崩れない!】

たったこれだけのポイントで、とびきりおいしい肉じゃがに!

 「おいしい肉じゃがが作りたいけれど、いつも煮崩れしてしまう」「煮込む料理は時間がかかるので何となく面倒……」そんなお悩みを持つ方に朗報です。瀬尾先生の教える肉じゃがの作り方は、なんと強火で調理し、短時間で仕上げます。こうすると煮崩れせず、とびきりおいしい肉じゃがに! ぜひ、今夜のメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

材料(2~3人分)310㎉

・ジャガイモ…2個(300g)

・タマネギ…1/2個(100g)

・ニンジン…4㎝(50g)

・インゲン…3本

・牛薄切り肉…100g

 

・しょうゆ…大さじ2

・砂糖…大さじ1

 

作り方

① ジャガイモは皮をむいて一口大に切る。タマネギは1㎝幅に切る。ニンジンは5㎜幅のイチョウ切りにする。インゲンは筋をとって2㎝に切る。牛肉は5㎝に切る。

 

② 鍋にインゲン以外のすべての材料を入れて水(分量外)をひたひたに注ぎ、しょうゆ、砂糖を入れる。

★POINT 煮始めの水の量は、材料がひたひたになるくらい。

 

③ 鍋を強火にかけ、煮立ったらあくをとって、強火のまま煮汁が鍋底から2㎝くらいになるまで煮る。

★POINT ブクブクと立った泡が落しぶたの代わりになる。

 

④ インゲンを加えて具の上下を返すように混ぜ、2分ほど煮て火を止める。4~5分おいて具に煮汁をしみ込ませる。

できあがり!

出典 『ラクうまごはんのコツ』

料理写真 貝塚 隆

本記事は上記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

アイキャッチ画像 Shutterstock.com

 

 

ラクうまごはんのコツ
瀬尾幸子 著(プロフィールは下記参照)
好評をいただいている「ラクうま」シリーズ第3弾。
ラクうま料理の基本やコツをギュギュッとまとめた1冊。「肉じゃがは強火・短時間」「ゆで卵は熱湯から」「かたまり肉は水からゆでる」などなど、思わずやってみたくなるコツ&レシピ100を紹介。
瀬尾流食品保存のワザや道具の話など、読んで楽しい情報も盛り沢山。もちろん、いつもの通り、調味料や食材は普段使っているものばかり。瀬尾流ラクうま料理の決定版です!
購入はこちら
瀬尾幸子(セオユキコ)
料理研究家。得意なメニューは「外食では食べられない、ちゃちゃっと作れるおうちごはん」。2015年料理レシピ本大賞受賞「ラクうまごはんのコツ」がベストセラーに。TV・雑誌・書籍などで活躍中。『一人ぶんから作れるラクうまごはん』(小社刊)など、著書多数。東京都杉並区在住。
新着記事