2021.07.08

キレイにやせるための最強の置き換え術②  毎日のパンをオートミールに!【🍞きほんのオートミール蒸しパンレシピ&🎂蒸しパンバリエ3選!】

 SNSやテレビでの露出が増え、話題沸騰のオートミール。主食と置き換える食べ方が今のトレンドです。前回の『キレイにやせるための最強の置き換え術① 毎日のお米をオートミールに!【🍚オートミールごはんの作り方&🍙おにぎりバリエ3選】』につづき、今回はパンに置き換えられるオートミールレシピを紹介します。基本のオートミール蒸しパンの作り方のほか、アレンジを加えたバリエーションも3種類ありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

『おいしい!かんたん!オートミールでキレイやせレシピ』

基本のオートミール蒸しパン

 まずはプレーンのオートミール蒸しパンの作り方から。材料を混ぜてレンチンするだけなので、手軽に作ることができます。

 

基本のオートミール蒸しパン作り方はコチラから👇

【基本のオートミール蒸しパンの作り方】

 

毎日食べたい!蒸しパンバリエーション!

 ひと手間加えるだけで、フレーバーを変えたり、具材の工夫でおかずパンにも変身! いろいろな味で飽きずに続けられます。

ココア風味蒸しパン
【材料(2人分・直径9.5㎝×高さ7.5㎝の丸い耐熱容器1個)】

●オートミール(クイックオーツ)…50g
Aココアパウダー…小さじ1
A砂糖…10g
Aベーキングパウダー…小さじ1(4g)
●牛乳…100ml
●溶き卵…1個分

 

【作り方】

①  ボウルにオートミール、Aを入れ、ゴムべらなどで混ぜ合わせる。牛乳も加えて混ぜ、3分ほどふやかしておく。

②  溶き卵も加えてよく混ぜ合わせる。耐熱容器に移し、ラップをかけずに電子レンジで3分20秒加熱する。

③ 粗熱がとれたら、容器から取り出す。

ハム&ピーマン蒸しパン
【材料(2人分・12×15×高さ8㎝の耐熱容器1個)】

●オートミール(クイックオーツ)…50g
A砂糖…6g
Aベーキングパウダー…小さじ1(4g)
A塩…ひとつまみ
●ハム…2枚
●ピーマン…1個
●牛乳…90ml
●溶き卵…1個分

 

【作り方】

① ハムとピーマンは細かく刻む。

②  ボウルにオートミール、Aを入れてゴムべらなどで混ぜ合わせる。①も加えて混ぜる。牛乳も加えて混ぜ、3分ほどふやかしておく。

③  溶き卵も加えてよく混ぜ合わせる。耐熱容器に移し、ラップをかけずに電子レンジで3分30秒加熱する。

④ 粗熱がとれたら、容器から取り出す。

チーズ&刻みパセリ蒸しパン
【材料(2人分・12×15×高さ8㎝の耐熱容器1個)】

●オートミール(クイックオーツ)…50g
A砂糖…6g
Aベーキングパウダー…小さじ1(4g)
A塩…ひとつまみ
●プロセスチーズ…30g
●パセリ(みじん切り)…大さじ1
●牛乳…90ml
●溶き卵…1個分

 

【作り方】

① プロセスチーズは小さく刻む。

②  ボウルにオートミール、Aを入れてゴムべらなどで混ぜ合わせる。①、パセリも加えて混ぜる。牛乳も加えて混ぜ、3分ほどふやかしておく。

③  溶き卵も加えてよく混ぜ合わせる。耐熱容器に移し、ラップをかけずに電子レンジで3分30秒加熱する。

④ 粗熱がとれたら、容器から取り出す。

出典:『おいしい!かんたん!オートミールでキレイやせレシピ』

本記事は上記出典を再編集したものです。(新星出版社/大森)

 

写真:武井メグミ

アイキャッチ:Regreto / Shutterstock.com

オートミールでキレイやせレシピ
大越郷子 著/石原新菜 監修(プロフィールは下記参照)
2021年ダイエット業界で最注目の食材である、オートミールのレシピ本です。
ひと昔とは違い、主食(とくにお米の代用品)として食べることが人気を呼んでいます。
本書では概要や食べ方のコツの説明とともに、かんたんに作れておいしい代用レシピをを紹介します。
類書にはなかったパン系のレシピも掲載、主食レシピでは最強です。また、ダイエット中に需要のあるスイーツ系も紹介。ダイエットの強い味方となる1冊です。
購入はこちら
大越郷子/石原新菜 
大越郷子(オオコシサトコ)
管理栄養士・料理研究家。
服部栄養専門学校卒。卒業後、病院勤務。その後フリーランスとして料理制作・栄養管理を主に活動。菓子制作も好きな分野で、製菓学校に非常勤講師として勤務。丁寧でわかりやすいと好評の料理教室『葡萄な食卓』を主宰する傍ら、料理教室の外部講師としても活動している。
『葡萄な食卓』http://grape-table.com


石原新菜(イシハラニイナ)
内科医。イシハラクリニック副院長。
長崎市生まれ。医学生の頃から、父の石原結實とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。2006年に帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。現在、クリニックでの診察をはじめ、テレビ、雑誌などで活躍中。
新着記事