2020.06.04
カリスマ講師、関正生先生のキャラで学ぼう! 英語

~前置詞編 その4~ 【along】をイメージで覚えよう!

関正生先生
1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」の講師として、全国の大学受験生、中学生に、さらに、TOEIC対策で大学生、社会人など、年間40万人に授業を行っている。

 みなさんは、英語の勉強をしていて、「苦手だなあ…」と感じるのはどの部分ですか? 動詞に前置詞、英文法…、覚えるべきポイントがたくさんあり、どのように進めていけばよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 そこで、英語学習の中でも苦手意識を持つ方の多い「前置詞」のとっておきの覚え方を、カリスマ講師、関正生先生の著書『前置詞キャラ図鑑』から解説します。

前置詞を覚えるコツ

 「前置詞」と聞くと、どれを使えばいいのかわからない、使い分けがむずかしいといったイメージをもつ人が多いようです。

 前置詞が苦手な人は、たいていこう言っています。「覚えきれない」「どれを使えばいいのかわからない」「使い分けを間違える」「意味が多い」「用法が多い」などなど。

 

 でも大丈夫。ちょっとしたコツさえつかめば、前置詞は面白いって思えます。そこで大切なのが、各前置詞の核心のイメージを捉えること!なんです。

 

 核心のイメージを捉えると、その前置詞の全体像が見えてくるので、応用もきくようになります。イメージから、意味が想像できるようになるので、その前置詞がもつ訳をすべて覚えなくても、さまざまな文が自然に読み取れるようになるのです!

 第4回目の今回は、よく目にする基本の前置詞のなかから、知っていると自慢できる前置詞のひとつとして、【along】について解説します。特徴をとらえたイメージキャラクターごと覚えちゃいましょう。

核心のイメージは「~に沿って」。線路や道、浜辺などの長いものに「沿って」進むイメージです!

 along は、線路や道、浜辺などの長いものに「沿って」進むイメージですが、線路や道の上を進むことも表します。いずれも、「~に沿って」というイメージをもつことが大切です。

長~い線路に沿って、今日も元気に進むママとボク。キャリアの長いママはお客さんを乗せて線路の上を、見習いのボクは線路沿いを走って特訓中。早く一人前になって、線路の上を走りたいな!
長いものの外側や上を進む場合も表す

 along は、「~に沿って」で馴染み深い前置詞ですが、それだけではありません。「~に沿ってその外側を進む」という意味のほかに、「~に沿ってその上を進む」場合も表し、外側を進む場合は「運動方向」、上を進む場合は「通過」を表します。along the river 」を使った文で、両者を見比べてみましょう。

 

1 She walked along the river.

彼女は川沿いを歩いた。

 

2 The ship sailed along the river.

その船は川を航行した。

 

 1 は、「~に沿ってその外側」を歩くという「運動方向」を表しています。一方、2 は、「~に沿ってその上」を進むという「通過」の意味を表しています。つまり、同じalong the river でも、「歩く」なら「川沿いを」になりますし、「航行する」なら「川の上を」になる、というわけです。どちらに当てはまるかは、文脈や常識などから簡単に判断できます。また、会話では熟語でよく使われます。覚えておきましょう。

長いものに沿って進むイメージ
along を使った例文
分かるかな?✍復習テスト

次の【    】に語句を入れなさい。

 

前置詞alongは、「~に沿って」で馴染み深い前置詞ですが、それだけではありません。「~に沿ってその外側を進む」という意味のほかに、「~に沿ってその上を進む」場合も表し、外側を進む場合は「 ① 」、上を進む場合は「 ② 」を表します。

答え

①運動方向

②通過

 

More:もっと勉強してみたい方は👉こちら

※本書は下記出典をもとに再編集したものです。(新星出版社/向山)

前置詞キャラ図鑑
関正生 著(プロフィールは下記参照)
英語の前置詞を図解で説明する本は幾つもありますが、キャラクター化してしまった本はこれだけ。全部で30のキャラたちが、日本人にはいま一つ、つかみきれなかった「前置詞」を、わかりやすく教えてくれます。著者は英語教育界の革命児、関正生先生。前置詞の核心をつくキャラクターたちの活躍で、どんどん読み進められる1冊。いままで、数々の英語語学書にチャレンジしてつまづいた方にこそ、手にとって欲しい本です。
購入はこちら
関正生(セキマサオ)
1975年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。北九州予備校、秀英予備校を経て、現在はリクルート運営のオンライン予備校「受験サプリ」講師。「受験サプリ」での有料受講者数は約3万人。英語教育業界の革命児。累計60万部突破の語学書『世界一わかりやすい〇〇の授業』シリーズ、学参『大学入試 世界一わかりやすい 〇〇の特別講座』シリーズ(以上、KADOKAWA)など著書多数。(書籍刊行時)
新着記事