2021.04.22
”野菜たっぷり大量消費”

旬の味を楽しもう♬ キャベツをたくさん、おいしく食べる!
【くし形焼きキャベツの肉みそがけ】レシピ

キャベツを楽しもう!

 キャベツには、カルシウムやビタミンK、ビタミンCなどの栄養のほか、粘膜を修復させる作用や抗酸化作用もあります。旬の時期は春、秋~冬。今回は、キャベツをこんがり焼き、肉みそをかけて食べる【くし形焼きキャベツの肉みそがけ】レシピをご紹介! 香ばしいキャベツが甘くておいしいので、食が進みます♪ ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

こんがり焼いたキャベツにとろ~り肉みそがマッチ!
作り方

時間:15分

【材料(2人分)】

●キャベツ…1/3個(400g)

●長ねぎ…6㎝

●豚ひき肉…100g

●ごま油…大さじ1/2

A  味噌…大さじ1・1/2

A 酒…大さじ1

A 砂糖…大さじ1/2

A しょうゆ…小さじ1

A 片栗粉…小さじ2/3

A しょうが(すりおろし)…小さじ1/2

A 水…1/4カップ

 

【作り方】

① キャベツは4等分のくし形切りにする。長ねぎはみじん切りにする。

② フライパンにごま油を中火で熱し、①のキャベツを途中裏返して4~5分ふたをして焼き、皿に盛る。

③ ②のフライパンに、ひき肉、①の長ねぎを加えて中火で肉の色が変わるまで炒める。混ぜ合わせたAを加えて炒め合わせ、②のキャベツにかける。

キャベツの保存方法

【常温】3~4日  

新聞紙でキャベツを包み、その状態で冷暗所に置きます。寒い時期であれば、1週間程度保存可能です。

 

【冷蔵】約2週間  

芯をくりぬき、その部分に湿らせたペーパーを詰めると鮮度が保てます。その後、ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

 

【冷凍】約1か月  

食べやすい大きさに切り、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。塩もみをして水分をきったものや、さっとゆでたものも冷凍保存可能です。

 

🎦動画はこちらから

※本書は下記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

※写真…Shutterstock、武井メグミ

野菜たっぷり大量消費レシピ 304
阪下千恵 著(プロフィールは下記参照)
Youtubeやネットでも人気の「大量消費」。1週間分の野菜をまとめて買っても、使い切る前に悪くしてしまった経験は誰でもあると思います。大量消費は経済的にお得なだけでなく、豪快でボリュームのある料理や、作りおきにも使えます。本書は無駄なく大量の野菜を消費するためのレシピ集です。手に入りやすい20種類の野菜を「主菜、主食、副菜、作りおき」で304レシピ化。たとえばキャベツ1個で主菜や副菜だけで使い切ってもいいし、全部作りおきにしてもOK。その野菜1つでどのくらいのレシピができるのかがひと目で分かり、冷蔵・冷凍の保存方法も紹介。通年通した旬の野菜のための大量消費レシピを紹介します。
購入はこちら
阪下千恵(サカシタチエ)
料理研究家・栄養士。大手外食企業、食品宅配会社を経て独立。子育ての経験を活かした、作りやすくて栄養バランスのよい料理が好評を博し、現在、NHK「あさイチ」などのメディア出演をはじめ、書籍、雑誌、企業販促用のレシピ開発、食育講演会講師など多岐にわたり活躍中。著書に『決定版 朝つめるだけ!作りおきのやせる!お弁当389』『おいしすぎてほめられる!料理のきほんLesson』『はじめてママもこれならできる!園児のかわいいおべんとう』『とっておきのお持ちよりレシピ』(いずれも新星出版社)、『ひとりで作って、みんなで食べよ! はじめてのごはん』(日東書院本社)、『友チョコもあこがれスイーツも! はじめてのお菓子レッスンBOOK』(朝日新聞出版)、『キッチンがたった1日で劇的に片づく本』(主婦と生活社)など多数。夫、2004年、2009年生まれの2人の女の子との4人家族。(書籍刊行当時)

料理研究家 阪下千恵 オフィシャルブログ
YouTubeチャンネル …MIKATA KITCHEN 阪下千恵
新着記事