2021.06.24
 

🐰わかるかな? うさぎドリルクイズ!
【うさぎの足の裏には、犬や猫のような□□がない】

 とってもかわいいうさぎさんの生態がクイズ形式で学べる『うさぎドリル』より、今回はうさぎの足の裏にまつわるクイズを出題します!

 

Q 🐰 うさぎの足の裏には、犬や猫のような□□がない🐰

 

さて、上の□□に入る文字は何だと思いますか?

答え

肉球

 答えはずばり、肉球です。「犬や猫のような」なんてわざわざ入っているのは、正確には小さい肉球があるから。でも、見た感じは分からないですよね。うさぎの足裏には、犬猫のような肉球がなく、かわりにフカフカの厚い毛が覆っています。この毛はものをしっかりつかめる性質があり、おかげで岩場などの固くてすべりやすいところでも足の衝撃をおさえ、足裏を傷つけることなく快適に移動ができます。

 ただし、家の中ではフローリングの床ですべりやすく、骨折する恐れもあります。また、足裏の毛が薄くなり炎症を起こすことも。予防するためには、うさぎのスペースにクッションシートなどを敷いてあげましょう。

 

もっと知りたい!🐇うさぎのこと
【ノウサギとアナウサギ】

 日本の野山にはノウサギという種類のうさぎがいます。正式には「二ホンのウサギ」と言い、日本にしかいません。ノウサギは、アナウサギとは全然違い、警戒心がより強く人間にはまず慣れません。

 

🐇ノウサギの特徴

 

耳👂 耳がアナウサギよりも長い。

心臓💛 心臓が大きく、持久力がある。

足👣 足が長く、筋肉が発達していて天敵から逃げるスピードは時速60キロとも。

そのほかにも…

🐰巣穴を持たないため、アナウサギよりもさらに警戒心が強い。

🐰群れで暮らさず、単独で生活をするため、人間にはまず慣れない。

🐰赤ちゃんは、毛も生え、目も開いた状態で生まれる。母うさぎが1日1回授乳に来るまで草のかげなどに隠れて待つ。

🐰雪の降る地方では、冬は白毛に生え変わる。

 

うさぎドリルクイズ、あなたはわかりましたか? 知れば知るほど愛おしい! うさぎのことをもっと知りたい方は👉こちら。

※本記事は、下記出典を再編集したものです。(新星出版社/室谷)

※イラスト 森山標子

※アイキャッチ写真 Ermolaev Alexander/Shutterstock.com

うさぎドリル
三輪恭嗣 監修 /森山標子 絵(プロフィールは下記参照)
購入はこちら
三輪恭嗣(ミワヤスツグ)
みわエキゾチック動物病院 院長。
2000年より東京大学付属動物医療センターの研修医となり、現在ではエキゾチック動物診療科の責任者を担う。2006年に、うさぎやハムスター、鳥などのエキゾチック動物診療を専門とした、「みわエキゾチック動物病院」を開院。専門知識が豊富な獣医師や看護師が数多く在籍し、日々の健康管理から高度医療まで、飼い主の意見を尊重しながら、それぞれの動物に最適な治療を行っている。

みわエキゾチック動物病院
東京都豊島区駒込1-25-5
オフィシャルサイト

森山標子(モリヤマシナコ)
神戸出身、福島県在住、うさぎのイラストレーター。Instagramのフォロワーが8万人を超え、海外のファンも多い。WEBや出版物の挿絵、企業とのコラボ商品、個展やイベントでのグッズ販売、LINEスタンプ販売など活躍は多岐に渡る。保護うさぎのためのチャリティ活動も行う。
新着記事