2020.03.31
🎥動画も視聴できる!
細胞博士、鈴川茂先生の 細胞の授業

【特別編】 ウイルスと戦うからだ

 代々木ゼミナール生物講師&細胞博士の鈴川茂先生が解説する、面白く楽しい細胞のしくみ!今回は特別編として、「ウイルスと戦うからだ」について解説します。

 こんにちは。代々木ゼミナール生物講師の鈴川です。

 新型インフルエンザに新型コロナ…、ウイルスはたくさんありますが、からだのなかに入ったとき、細胞たちがどう戦っているのか、みなさん、知っていますか?

 ホームページやYouTubeなどで先行公開した動画、「世界一おもしろい!細胞の授業」の「血液細胞ってな~に?」の回でもお話しましたが、血液の中には、ウイルスをやっつける「白血球」があります。

 今回は特別編「ウイルスと戦うからだ」と題して、白血球の代表「好中球」や「NK(ナチュラルキラー)細胞」のはたらきについて解説します!

異物と戦う白血球たちの代表的存在!「食べて排除する」好中球

 好中球は異物と戦う白血球たちの代表的存在。最大の特徴は血液の流れに身を任せて移動するのではなく、自分自身で自由に移動すること(=遊走)。
そして異物をつかまえるとその場で食べて殺してしまいます!その後、食べた異物を細胞内のリソソーム※でバラバラに分解するのですが、これを、「貪食」(どんしょく)と呼びます。
(※リソソーム=加水分解酵素という強力な酵素を多く含み、不要となったタンパク質や脂肪などの物質を分解する役割を持つ)

 

 このように、異物を真っ先に食べて排除してくれる好中球ですが、同じ白血球の仲間で「大食細胞」とも呼ばれるマクロファージにくらべると、やや小食なので、「小食細胞(ミクロファージ)」と呼ばれることもあります。ひとつひとつが少食である代わりに、白血球の約60%を占めるほど数が多く、一般的に「白血球」といえば、だいたい好中球のことを指しているんですよ。
 異物を食べ殺し、満腹になった好中球は、役目を終えると死んでしまいます。ちなみに、傷口を放置しておくとできる膿は、役目を終えて亡くなった好中球たちのかたまり。好中球のがんばった姿は、目で見ることができるんですね。

前線部隊の「生まれつきの殺し屋」!NK(ナチュラルキラー)細胞

 そしてもうひとつ、覚えておいていただきたい細胞があります。

 攻撃方法は2段階。敵となる細菌などを見つけると、すかさず「パーフォリン」というタンパク質を出して、敵の細胞膜に穴をあける!そしてさらなる攻撃として、「グランザイム」というタンパク質をつかってとどめを刺す!このようにして確実に異物を退治してくれているのが、「NK細胞」です。「NK」は「ナチュラルキラー」の略で、「生まれつきの殺し屋」という意味。同じような働きをするほかの細胞とちがい、NK細胞は自ら体内をパトロールして、ただちに排除しまくる一匹狼タイプの殺し屋で、それが名前の由来になっているんですよ。

 

 ちなみに「笑いが免疫力をアップさせる」と聞いたことはありませんか?実は、笑うことでNK細胞のはたらきが活性化することは、科学的にも証明されているんです!『世界一やさしい!細胞図鑑』には、そんなことも書かれています。(もっと知りたい方はこちら)

 

 こうして僕たちのからだはウイルスから守られているんですね。僕たちのからだのなかは一生懸命頑張っています。敵の外からの侵入を防ぐために、まずは「手洗いうがい」をしっかりやりましょう!!

 

 ウイルスと戦うからだのしくみ、なんとなくわかっていただけましたか?このあとの動画解説のほうも、ぜひ観てくださいね。

 それでは、本日の授業はこれで終わりにしたいと思います。

 

◆動画視聴はこちらから!◆

◆大好評『世界一おもしろい!細胞の授業』は、このあと改めて全編を連載する予定です。お楽しみに!

細胞図鑑
鈴川茂(細胞博士)監修 /りゃんよ イラスト (プロフィールは下記参照)
細胞の世界はおもしろい!!赤血球から精子・卵子、話題のiPS細胞まで。私たちのカラダをつくる37兆個を超える細胞の世界を、かわいいキャラクターとマンガで世界一わかりやすく紹介します。
○約1メートルの長さにもなる細胞「ニューロン」
○酸素を運び血液の赤色のもとになる「赤血球」
○アレルギーを引き起こす細胞、その名は「肥満細胞」(しかも太ってない)
○敏感だけど鈍感?匂いを感じる「嗅細胞」
など、個性的な細胞がもりだくさん!
細胞を知れば知るほど自分のカラダが愛おしくなってしまうかも!?
代々木ゼミナールのカリスマ生物講師・鈴川茂先生が監修。看護師試験や受験対策にも最適です!
購入はこちら
鈴川茂

代々木ゼミナール生物講師。TVアニメ「はたらく細胞」の細胞博士「YouTubeにて、「細菌」に関する動画を好評配信中!)」。北里大学理学部生物学科科卒業。大学在学中は「古細菌」の研究に専念。現在は、東大や京大などの難関大から共通テスト(センター試験)まで幅広い入試研究をしながら、「生物学のおもしろさを多くの人に知ってもらいたい!」という思いで、全国で講義活動を行っている。”生物学に興味をもってくれる人が増えれば世の中はもっと良くなる”と信じて、今日も教壇に立っている。(書籍刊行時)

代ゼミ生物講師 鈴川茂のホームページ
りゃんよ
イラストレーター。広告まんが。ライブグラフィックレコーダー。京都造形芸術大学講師。 (書籍刊行時)

オフィシャルホームページ…https://illustrator-ryanyo.com/
新着記事