2022.02.17
料理研究家、武蔵裕子先生が教える♪

レンチン1回でできる、おいしいメインおかず🥩🥔
【塩肉じゃがを作ってみよう!】

武蔵 裕子(むさし ゆうこ)
料理研究家。双子の男の子と両親の3世代の食事を切り盛りするな かで生まれた家庭料理が大人気。とくに、手早く簡単に作れるのに、おいしくて栄養たっぷりなレシピは、家事や育児、介護、仕事など で忙しい幅広い世代の人たちに好評。和食をはじめ、洋風、中華、 エスニックなどさまざまな料理に精通し、毎日の総菜から保存食ま で幅広いジャンルを得意とする。雑誌・書籍などで活躍するほか、 企業のメニュー開発も手がけ、多方面で活躍中。

 皆様、こんにちは。料理研究家の武蔵裕子です。お料理の手間をかけず、洗い物も減らしたい。だけどしっかり栄養がとれておいしいものが食べたい……! そんなハードルの高い要望にお応えするお料理本、『レンチン1回! 野菜もとれる超ウマおかず』がついにできました。今回はそのなかから、メインのおかずとして食卓に出せる、塩肉じゃがの作り方を紹介します。とってもかんたんにできますので、ぜひ試してみてくださいね。

ほっくりおいもにうま味がシミシミ~。黒こしょうがアクセント
塩肉じゃがのつくりかた

材料(2人分)

●豚バラ薄切り肉…130g

●じゃがいも…中2個(200g)

●玉ねぎ…1/2個(100g)

A 酒…1/4カップ

A 顆粒鶏がらスープの素…小さじ1

A 塩…小さじ1/3

●粗びき黒こしょう…適宜

下準備

・じゃがいもは6等分のくし形切りにする。

・玉ねぎは6等分のくし形切りにする。

・豚肉は3㎝長さに切る。

・Aは混ぜ合わせる。

Let's レンチン!

① 耐熱ボウルに豚肉、じゃがいも、玉ねぎを入れて混ぜ、Aを全体に回しかける。

② ふんわりラップをする。

③ 600Wで8分加熱する。

④ ラップをはずし、よく混ぜる。

⑤ ぴっちりラップをして3~4分おく。

⑥ 黒こしょうをふる。

Check!

 加熱後によく混ぜたら、ぴっちりラップをしてしばらくおくことで、肉はやわらかく、じゃがいもには味がしみておいしく仕上がります。

出典 『レンチン1回! 野菜もとれる超ウマおかず』

料理写真 千葉 充

 

本記事は、上記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

アイキャッチ画像素材 Shutterstock.com

 

 

 

レンチン1回! 野菜もとれる超ウマおかず
武蔵裕子 著(プロフィールは下記参照)
コロナ禍で食事を作る機会がぐんと増え、前よりもたいへんになったという人には、電子レンジがいちばん!!器に食材と調味料を入れてレンチンするだけでできるから、時短にもなり洗い物も減る。レンジ調理では、途中でいったん出して全体を混ぜてまたラップをして…、という工程がよくありますが、この本ではその手間を省き、レンチンは1回でOK!難しい火加減などもないので失敗が少ないうえに、油控えめ&野菜もバッチリですごくヘルシー。誰でも作れる、おいしいメニューを92品掲載。
購入はこちら
武蔵裕子(ムサシユウコ)
料理研究家。双子の息子と両親の3世代の健康を支えてきた経験から生まれるレシピは、基本をしっかり押さえながらも、合理的で作りやすく、身体にもやさしいと幅広い世代に人気。15年以上前からグリルを使ったさまざまな新しいレシピを発表し、自他ともに認めるグリラーである。

著書は『魚焼きグリルで朝ラク弁当』(PHP研究所)、『「水だし」ってすごい!』(女子栄養大学出版部)、『レンチン1回!野菜もとれる超ウマおかず』(小社)など多数。
新着記事