2022.06.29
親子でかんたんソーイング♪

【②子どものシューズバッグをつくってみよう!】

手順1

 

バッグと同様に布とアクリルテープの端を処理したあと、短いほうのアクリルテープにDカンを通し、長いほうも二つ折りにして、袋布にクリップでとめます。

👉バッグの作り方はこちら

手順2

短いほうのアクリルテープを、袋布に縫いつけます。長いほうも同様に縫いつけます。

手順3

袋布を中表にして、両脇と底を端から1.5cmの位置で縫い合わせます。

手順4

袋布の底にあたる縫い合わせた両角の部分に、2cm ×2cmの正方形のマチのしるしをつけます。

手順5

袋布の角をつまみ、4でつけたしるしが4cmの直線になるように、脇と底の縫い目を合わせてマチを縫います。

入れ口の縫い代を内側に折り、入れ口より2.5cmの位置を1周縫って完成!

できあがり!
おさいほうの教科書
クライ・ムキ 著
長年ソーイング教室を開催する著者が、おさいほう・ソーイングについて多くの方が疑問に思う箇所を集め、わかりやすくまとめた1冊です。道具の準備から、手縫いの基本・ミシンの基本、ボタンのつけ方・丈つめなどを詳細な写真付きで詳しく解説。また、通園・通学バッグ、ルームシューズ、鍋つかみなど初心者向きの作品も手順付きで掲載。縫い代付きの実物大型紙もつけました。誰かに聞きたいときに、頼れる1冊です。
購入はこちら
クライ・ムキ
本名、倉井美由紀。ソーイングデザイナー。岩手県花巻市出身。女子美術短期大学を卒業後、1971年よりフリーデザイナーに。1987年から1998年まで雑誌『手づくりママ キディ』編集アドバイザー。2001年自身のアトリエオープンと同時に、ソーイング教室を開講。現在、単行本を中心に、TV、セミナー、ミシンやソーインググッズのプロデュースなど、各方面で活躍中。
新着記事