2020.12.24
知って得するおくすりの話
【おくすりクイズ③】

切り傷・すり傷を作ってしまったときの正しい対処法

わかるかな? おくすりクイズ!

Q 切り傷・すり傷を作ってしまったときの対処法。次の方法は正しい?

 

傷口は早く乾燥させたほうがいいので、なるべく絆創膏を早く取る。

答え

× 正しくない

正しい対処法

 外部から殺菌が侵入するのを防いでいる皮膚が、切り傷やすり傷で傷つくと、血液やリンパ液などの体液が体外へ漏れてしまうだけでなく、そこからの殺菌による感染症が心配されます。感染症を予防し、傷が可能しないようにするためには、すぐに殺菌消毒を行いましょう。

 

イメージキャラは、サッキンズ!

昭和の傷薬トリオ。一家にひと箱、救急箱の最強レギュラーだった。

 出血、はれ、かゆみ、痛みなど、それぞれの症状に対応した薬を選びます。必ず流水で傷口を洗い流してから、薬を使いましょう。ただし、5~6日ほど使用しても改善が見られない場合や、傷口が可能した場合、万一、動物に噛まれた場合は、すぐに必ず医療機関を受診しましょう。

どんな薬がよいの?

 傷口の殺菌消毒にはオキシドール(過酸化水素水)や消毒用エタノール、ヨードチンキなどが昔から使われてきましたが、これらは粘膜や目のまわりには使用できません。

 また、場合によってはアレルギー反応を起こすこともあるので、注意が必要です。

 

 アクリノールやベンザルコニウムなどの殺菌消毒成分を含んだ外用薬が一般的です。最近では、湿潤治療が普及しています。

湿潤治療とは

 傷口からにじみ出る滲出液に細胞を再生する成分が含まれていることがわかり、傷をおおって滲出液を傷口に保っておくほうが早く治ると考えられるようになりました。傷口が乾かないようにおおうことがポイントです。

 

 おくすりクイズ、いかがでしたか? ポイントは傷が乾かないようにすること。知らなった方は、これからぜひ実践してみてくださいね。

 

おくすりのことをもっと知りたい方は👉こちら

 

※写真/ shutterstock

※イラスト/明野みる

※本記事は下記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

おくすり図鑑
池上文雄 監修/明野みる イラスト(プロフィールは下記参照)
ふだん何気なく使っている「おくすり」を、キャラクター&マンガでわかりやすく解説!「風邪薬」、「アレルギーの薬」、「頭痛薬」などにはじまり、ニキビ・水虫・二日酔いの薬まで種類ごとに幅広く紹介。おくすりの成分や効能はもちろん、鎮痛剤の始まりは柳の木?といった豆知識まで。どんどん読みたくなる、いちばんやさしい「おくすり」についての解説書です。
購入はこちら
池上文雄(イケガミフミオ)
薬学博士、薬剤師。千葉大学名誉教授・グランドフェロー・特任研究員、昭和大学薬学部客員教授。専門は薬用植物学や漢方医薬学。
薬学と農学の融合を目指し、「地球は大きな薬箱」をモットーに研究活動を行っている。
新着記事