2020.03.31
知っているようで知らない!?

にゃんこクイズ 「ねこは□□でほぼおとな」 
□□に入る言葉はなあに?

 

 

🐈にゃんこクイズ🐈

 

突然ですが、『にゃんこドリル』からの出題です!

 

Q  つぎの□□に当てはまる言葉は?

「ねこは□□でほぼおとな」

 

あなたはもう、わかりましたか?

 ねこは早くて生後4か月、遅くとも1歳には性成熟します。だから1歳は立派なおとなで、こどもをつくることもできます。

 

正解 1歳
(性成熟が早いねこもいますので、生後4か月から1歳までならほぼ正解)

ねこの誕生から成長まで

 よく年齢不詳って言われるけど、ねこって人の5倍くらいの早さで歳をとっているとか。成長スピードも人と違うから、お勉強しておいてくださいね。

若いときに急成長する

 未熟なこどもは敵に狙われやすいので、野生動物ほどおとなになるのが早いといいます。ねこも誕生して最初の1年は急スピードで成長。ねこの1歳は人間の18歳くらいになります。1年で立派な青年です。

ねこの平均寿命

 3歳くらいまでが活発な青年期。10歳くらいまでは1年で人の7歳ぶん歳をとるそう。7歳くらいでシニア期に突入し、体力が落ちてゆきます。10歳以降は、ゆるやかに老いていきます。飼い猫の平均寿命は12歳くらいかといわれますが、最近は長生きの傾向にあります。

まとめ

 ねこはおよそ1歳からおとな。7歳くらいから体力が低下しはじめて、10歳になれば立派なお年よりといえるでしょう。

 

もっと知りたい!

 

 

※この記事は、下記出典『にゃんこドリル』をもとに、再編集したものです。(新星出版社プロモーション部/向山)

にゃんこドリル  
今泉忠明 監修 /にゃんとまた旅(ねこまき)イラスト (プロフィールは下記参照)
「にゃんこの夜の学校」を舞台に、にゃんこのからだのしくみ、行動、きもちなどねこに関する知識をドリル形式でまとめました。愛らしいキャラが体当たりで、にゃんこのこころとからだ、行動などについて教えてくれます。飼い主さんとねこが理解し合い、楽しく、無理なく暮らしていくためのノウハウが満載!
購入はこちら
今泉忠明(イマイズミタダアキ)
哺乳動物学者。「ねこの博物館」館長。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業。国立科学博物館でほ乳類の分類・生態を学び、恩賜上野動物園の動物解説員などを経て、現在は奥多摩や富士山の自然調査に取り組む。著書に『飼い猫のひみつ』(イースト・プレス)、監修書に『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(高橋書店)、『ねこの事典』(成美堂出版)など。(書籍刊行時)
にゃんとまた旅(ねこまき)
名古屋を拠点に活躍するイラストレーター。犬猫のゆるキャラ漫画、コミックエッセイなどを幅広く手がける。著書に『ねことじいちゃん』(KADOKAWA)、『まめねこ』シリーズ(さくら舎)など。2019年2月に『ねことじいちゃん』が岩合光昭監督で実写映画化。 (書籍刊行時)

オフィシャルホームページ…http://www.ms-work.net/
新着記事