2020.05.01
🏠Home Stay特集

動画配信 👕誰でも自宅でできる!5つの運動

 刊行後、電子書籍ストア「honto」の「トレーニングの電子書籍の売れ筋24時間ランキング」で1位を獲得した『エキセントリックトレーニングの教科書』。今回ご紹介する動画は、筋トレ効果抜群の、エキセントリック運動を含んでいます。“エキセントリック運動”ってどんなもの?という方のために、まずは本書から簡単に説明します。ぜひこの機会に覚えてくださいね。

 

「エキセントリック運動」とは?

 エキセントリックは英語で「奇妙な」「風変わりな」といった意味をもつ形容詞です。トレーニング用語としては、「遠心性」あるいは「伸張性」と訳される筋肉の活動タイプになります。たとえば、最も代表的な筋トレのひとつ、スクワットを例にとってみましょう。スクワットの動きは、まっすぐ立った姿勢から膝と股関節を曲げて腰を落とし、腰を引き上げて再び元の姿勢に戻るというものです。
 試してみると実感できますが、膝を曲げていくとき太ももの前の筋肉に力が入っているはずです。ところが、まっすぐ立っているときより太ももの前の筋肉は長く引き伸ばされています。このように、力が入っている筋肉が引き伸ばされる動きが中心の運動をエキセントリック運動といいます。

 

 ある程度、筋肉トレーニングの経験を積んだ人であれば、エキセントリック運動が重要であるということを耳にしたことがあるかもしれません。トレーニングの世界ではエキセントリック運動が筋肥大には効果的、ということが経験的に知られているからです。
 現在、運動生理学という学問の世界でエキセントリック運動はホットなテーマ。これまでの予想以上に、エキセントリック運動が素晴らしいポテンシャルを秘めていることが分かってきました。

エキセントリック運動は日常動作で行われている

 エキセントリック運動はトレーニングの動作だけでなく、日常生活の中で無意識に行われています。代表的な日常動作のひとつが、階段を下りるという動作です。ステップを一段下りるとき、軸脚の膝が曲がり、太ももの前の筋肉が引き伸ばされています。これがエキセントリック運動に当たります。階段を下りている最中は常に左右交互の太ももにエキセントリックの刺激が入っているというわけです。もうひとつの代表的な動作は椅子に座るというものです。お尻を座面に近づけていくとき、やはり太ももの前の筋肉が引き伸ばされてエキトリック運動が行われています。これはスクワットに近い日常動作です。

「ゆっくり」を意識する

 先に述べた動作は、どちらも速すぎたり雑な動きではエキトリック運動になりません。階段を下りるときは駆け下りるのではなく、しっかり一段ずつ踏みしめて下りる、椅子に座るときは座面にドサッと座るのではなく、ゆっくり腰かける。これではじめてエキトリックによる刺激が筋肉に入ります。エキセントリックとは、重力に従って下に落ちようとする負荷にブレーキをかける運動と捉えることもできます。

 もし今、近くに椅子があったらゆっくりと腰かけてみてください。太ももにゆっくり力が入り、同時に引き伸ばされる感覚が実感できるはずです。

 

 

動画はこちらから

 「少しでも多くの人に、運動をすることによって健康、体力を保ち、免疫機能を高めて、この非常事態を乗り切って欲しい」という思いから、監修者の野坂和則先生が自宅でできる運動を公開しています(Edith Cowan University , YouTube公式チャンネルにて)。

 器具を用いずに簡単にでき、エキセントリック運動の要素も含まれていますので、短時間で効果は抜群!【1】「誰でも自宅でできる5つの運動」【2】「シニアにおすすめの運動」の2種類ありますので、ご自身やご家族のエクササイズとして、また、ご両親などシニア世代の方のエクササイズとして、ぜひご活用ください。

 

【1】「誰でも自宅でできる5つの運動」

Edith Cowan University , YouTube公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=1zyZT-hDI0c )

家でできる5つの簡単な運動  より

 

 

 

 

【2】シニアが家でできる5つの簡単な運動

Edith Cowan University , YouTube公式チャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=yvlRRP1cJso)

シニアが家でできる5つの簡単な運動—日本語版 より

 

 

※本記事作成(新星出版社/向山)

筋トレ革命 エキセントリックトレーニングの教科書
野坂和則 監修/坂詰真二 監修(プロフィールは下記参照)
重いダンベルを「持ち上げる(コンセントリック運動)」よりも「下ろす(エキセントリック運動)」ほうが効果的に筋力が高まる、という研究結果をご存じでしょうか。本書の監修者である野坂和則氏の研究では、階段を「上る」よりも「下りる」ほうが筋力がアップしただけでなく、体脂肪が減少し痩せた、という驚きの結果がでました。これまでの筋トレの常識では、負荷を持ち上げる運動が主眼と考えられ、負荷を下ろす運動は重視されていませんでした。しかし、前述のような最新の運動生理学の研究により、エキセントリック運動の重要性と効果に注目が集まり、世界中で研究がされるようになってきたのです。本書では、この革命的とも言われるエキセントリックトレーニングの最新の理論と効果をさまざまな研究結果を示しながら明らかにするとともに、実際のトレーニングのメニューや具体的な方法を写真を用いて解説していきます。最短で最大の効果が得られる、最新の筋トレ―エキセントリックトレーニングの教科書です。
購入はこちら
野坂和則(ノサカカズノリ)
オーストラリア・エディスコーワン大学教授。運動スポーツ科学部門ディレクター。横浜市立大学大学院総合理学研究科准教授を経て2004 年からパースにあるエディスコーワン大学へ移り、2009 年教授となる。運動生理学が専門で、学術研究論文は270 編を超え、エキセントリック運動に伴う筋損傷研究の第一人者として世界に知られる。現在はエキセントリック運動の利点の研究を精力的に行い、年に1、2 回帰国し、研究発表や講演を行っている。著書に『ゆ~っくり座れば、一生歩ける!』『世界最新のボディメイク』(ともに日本文芸社)などがある。
坂詰真二(サカヅメシンジ)
NSCA 認定ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。同協会認定パーソナルトレーナー。「スポーツ&サイエンス」代表、横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。横浜市立大学文理学部卒。株式会社ピープル(現コナミスポーツ)で教育担当職を歴任後、株式会社スポーツプログラムスにてアスリートへのコンディショニング指導を担当。1996 年「スポーツ& サイエンス」を興し、指導者育成、メディアを通じての運動指導などで活躍中。著書に『女子の筋トレ&筋肉ごはん』『最新ストレッチの科学』(ともに弊社)など著書多数。
新着記事