2020.07.09
🎥動画付き!

知ってるだけでニュースが面白くなる!
「地政学」で、国際情勢を読み解こう!
【後編】

 前回は「バランス・オブ・パワー」、「ルート」、「チョーク・ポイント」など、地政学の基本的な概念について解説しました。

 今回も引き続き、地政学の基本を紹介していきますので、お付き合いください。明日のニュースの見え方が違うこと間違いナシ!です!!

国際的な紛争に見え隠れする「ランドパワー」と「シーパワー」の正体

 今回は、まず「ランドパワー」と「シーパワー」についてご紹介します。聞き慣れない言葉ですが、どんな意味なのでしょう。

 

 「ランドパワー」とは、ユーラシア大陸にある大陸国家のことで、ロシアやフランス、ドイツなどが分類されます。陸上戦力を持ち、道路や鉄道を使った陸上輸送能力に優れます。

 一方の「シーパワー」とは、国境の多くを海に囲まれた海洋国家のことで、日本やイギリス、大きな島国とみなされるアメリカなどのことです。海洋に出るための船はもちろん、造船所や港湾施設などを持っています。

 

 人類の歴史では、大きな力を持ったランドパワーの国がさらなるパワーを求めて海洋へ進出すると、自国のフィールドを守るシーパワーの国と衝突する、という流れを何度も繰り返しています。

 つまり、大きな国際紛争は、常にランドパワーとシーパワーのせめぎ合いというわけなんですね。

 また、“ランドパワーとシーパワーは両立できない”ということも、歴史から浮かび上がる重要なポイントです。地政学では、日本の敗戦は太平洋を支配していた(=シーパワーを持っていた)日本が、中国内陸部への進出を目論んだ(=ランドパワーを手に入れようとした)ために両立に失敗したと考えられています。近年の例では、ベトナム戦争でアメリカが撤退したのも、日本と同じように、シーパワーの国が大陸内部に進みすぎたためと考えられています。

 したがって、国際情勢を読み解く際、関係する国がシーパワーかランドパワーのどちらを重視している国なのか考えるのは、非常に重要な視点なんです。

大きな紛争は「ハートランド」のランドパワーと「リムランド」のシーパワーの衝突

 先ほどご紹介した、シーパワー・ランドパワーは国の勢力の性質を示すものでしたが、地球上の領域に関する重要な概念が、「ハートランド」と「リムランド」です。

 

 ハートランドとは、文字通りユーラシア大陸の心臓部で、現在のロシアのあたり。寒冷で雨量が少なく、平坦な平野が多いエリアです。古くから人が少なく文明もあまり栄えてはいません。

 

 一方、リムランドは、主にユーラシア大陸の海岸線に沿った沿岸部で、温暖で雨量が多く、経済活動が盛んなエリアです。世界の多くの大都市がこの場所にあり、人口が集中しています。現在大きな衝突が起きている、アジア、中東、ヨーロッパもこのリムランドであり、他国に影響力を持つにはこのエリアの支配が重要です。

 ハートランドとリムランド、シーパワーとランドパワーの関係を見ると、内陸部であるハートランドの国は必然的にランドパワーに分類され、沿岸部のリムランドの国は、豊かなリムランドにたびたび侵攻しており、リムランドの国と衝突しています。つまり、地政学的には、リムランドは「ハートランドのランドパワー」と「周辺のシーパワー」という勢力同士の国際紛争が起こる場所なんです。

 

 ここで、本書監修の、奥山真司先生による詳しい解説をご覧ください!先述の「ハートランド」「リムランド」の補足説明に加え、前編でご紹介した”ルート”のひとつである、「北極海ルート」について解説してくださっています。

動画はこちらから

北極海ルート

 動画でも説明があったように、北極海ルートとは氷が解けて2000年ごろ通行可能になった、新しいルートです。これは、従来のルートに比べ「航行距離が短く済む」メリットのほかに、海賊がおらず安全だったり、ロシア1国の許可だけで航行できるといった便利なポイントが多いルート。一方で、もちろん、下の画像にあるようなデメリットも存在します。

 なお、ルートに隣接するロシアにとっては「通行料の徴収」「通航をコントロールして影響力を持つこと」が可能になります。

 また、北極海周辺には莫大な量の石油や天然ガスが発見されています。ルートだけでなくエネルギーの面でも北極海は世界情勢に大きな影響を与える可能性があるんですね。そして現に、多くの国が開発に参加しています。

国同士の衝突の火種に!?コントロールに必須の「拠点」の重要性

 相手をコントロールする際に、もう一つ重要なのが、足掛かりとして”拠点”をつくること。あるエリアをコントロールするには、その付近に拠点を作り、レーダーで監視をしたり、軍隊を駐屯するなどして影響力を保持します。そして、必要があればその影響の及ぶ範囲内に新たな拠点を気付き、侵攻していくわけです。

 

 沖縄や横須賀の米軍基地は、その例です。沖縄は主に中国や北朝鮮に影響力を持つため、横須賀は主に西太平洋対策のための拠点になっています。さらに米軍は、インド洋のディエゴ・ガルシア島やドイツのラムシュタインなどにも大規模な拠点を展開していて、対抗勢力であるイランやロシアを監視しているんですね。

 中国は、アラビア半島に隣接するアフリカ大陸のジブチ共和国に初の海外拠点を置き、同時に南シナ海にも続々と拠点を築きつつありますが、このどちらもアメリカと対立してしまっています。また、ロシアとウクライナが対立した2014年のクリミア合併には、拠点の奪還という意味があります。

 

 このように、国と国との小競り合いを見ると、コントロールに必須の拠点争いが原因であることが多いんです。

 いかがでしたでしょうか。以上、地政学についての基礎レクチャーでした。

 前回、今回とご紹介した地政学の基本知識があれば、ニュースへの理解が深まる&関心が高まることと思います。

地政学は国際社会をひも解き、状況を冷静に分析するためのツール。もっと国際情勢について詳しくなりたい、分析する力を養いたいと思ったら、ぜひ地政学についてもっと勉強してみてください! その際には、入門にぴったりの当社書籍「サクッとわかるビジネス教養 地政学」を選んでいただけますと幸いです♪

 

本記事は、下記出典をもとに、一部加筆し、再編集したものです。(新星出版社/大森)

地政学(サクッとわかる ビジネス教養シリーズ)
奥山真司監修 (プロフィールは下記参照)
急速にグローバル化が進んでいる時代。だからこそ、ビジネスの現場では世界情勢を知らなければなりません。世界情勢を理解し、話をするには「地政学」が必須です!本書は「特別な図解を見るだけで、地政学の会話・説明ができる」ようになります。防衛省の幹部候補生に地政学を教えている、地政学の第一人者「奥山真司」先生が伝授!
購入はこちら
奥山真司(オクヤママサシ)
1972年横浜市生まれ。地政学・戦略学者。戦略学Ph.D.(Strategic Studies)。
国際地政学研究所上席研究員。戦略研究学会編集委員。日本クラウゼヴィッツ学会理事。
カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学(BA)卒業後、英国レディング大学院で、戦略学の第一人者コリン・グレイ博士(レーガン政権の核戦略アドバイザー)に師事。
地政学者の旗手として期待されており、ブログ「地政学を英国で学んだ」は、国内外を問わず多くの専門家からも注目され、最新の国家戦略論を紹介している。
現在、防衛省の幹部学校で地政学や戦略論を教えている。また、国際関係論、戦略学などの翻訳を中心に、セミナーなどで若者に国際政治を教えている。

著書に『地政学 アメリカの世界戦略地図』(五月書房)、『“悪の論理"で世界は動く! 』(李白社)、『世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう』(フォレスト出版)、訳書に『大国政治の悲劇』(ジョン・ミアシャイマー著)、『米国世界戦略の核心』(スティーヴン・ウォルト著)、『進化する地政学』(コリン・グレイ、ジェフリー・スローン編著)、『胎動する地政学』(コリン・グレイ、ジェフリー・スローン編著)、『幻想の平和』(クリストファー・レイン著)、『なぜリーダーはウソをつくのか』(ジョン・ミアシャイマー著、以上、五月書房)、『戦略論の原点』(J・C・ワイリー著)、『平和の地政学』(ニコラス・スパイクマン著)、『戦略の格言』(コリン・グレイ著、以上、芙蓉書房出版)、『インド洋圏が、世界を動かす』(ロバート・カプラン著、インターシフト)がある。

新着記事