2020.05.26
カリスマ講師、関正生先生のキャラで学ぼう! 英語

~前置詞編 その3~ 【across】をイメージで覚えよう!

関正生先生
1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」の講師として、全国の大学受験生、中学生に、さらに、TOEIC対策で大学生、社会人など、年間40万人に授業を行っている。

 みなさんは、英語の勉強をしていて、「苦手だなあ…」と感じるのはどの部分ですか? 動詞に前置詞、英文法…、覚えるべきポイントがたくさんあり、どのように進めていけばよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 そこで、英語学習の中でも苦手意識を持つ方の多い「前置詞」のとっておきの覚え方を、カリスマ講師、関正生先生の著書『前置詞キャラ図鑑』から解説します。

前置詞を覚えるコツ

 「前置詞」と聞くと、どれを使えばいいのかわからない、使い分けがむずかしいといったイメージをもつ人が多いようです。

 前置詞が苦手な人は、たいていこう言っています。「覚えきれない」「どれを使えばいいのかわからない」「使い分けを間違える」「意味が多い」「用法が多い」などなど。

 

 でも大丈夫。ちょっとしたコツさえつかめば、前置詞は面白いって思えます。そこで大切なのが、各前置詞の核心のイメージを捉えること!なんです。

 

 核心のイメージを捉えると、その前置詞の全体像が見えてくるので、応用もきくようになります。イメージから、意味が想像できるようになるので、その前置詞がもつ訳をすべて覚えなくても、さまざまな文が自然に読み取れるようになるのです!

 第3回目の今回は、よく目にする基本の前置詞のなかから、【across】について解説します。特徴をとらえたイメージキャラクターごと覚えちゃいましょう。

【across】核心のイメージは、“「十字(cross)を切るように移動する」→「~を横切る」”

カルガモの親子は、毎朝散歩するのが日課。今朝も列を成し、みんなで通りを横切ります。道路を安全に渡ることができれば一人前なのだとか。

 across は「十字(cross)を切るように移動する」→「~を横切る」というイメージです。そこから「通過」や「貫通・浸透」、「対極」などの意味が生まれました。

向こう側へ渡っていく across

 acrossといえば、「~を横切る」という「通過」のイメージ。ちょうど、こちら側から向こう側へ渡っていく、そんな動作です。

 

 He flew across the pacific.

 彼は太平洋を飛行機で横断した。

 

 こちら側から、「太平洋を横切って」向こう側へ横断する、そんな動きを表していますね。

 

 次に注目したいのが across =「貫通・浸透」です。英語上級者でも、across =「通過」しか意識しない人が多いのですが、across には「完全に通過するくらい隅々まで」、つまり「貫通・浸透」という意味もあります。

 例えば、 across the country  は 「国中に」、across the world  は 「世界中に」という意味になります。

 

 ところで、across は、本来「通過」するイメージで「動き(動作)」を伴うものですが、視線が向こう側へ通過した結果、「向こうにあるもの」を指し示すこともあります(=対極

 

 The restaurant is across the street.

 そのレストランは、通りの向こう側にあります。この場合、レストランや通り自体には動きはなく、対極にあるという位置関係を表します。「対極」の意味の across  は、日常会話でもよく使われます。位置関係がすぐに思い浮かぶように覚えておきましょう。

 

 

こちら側から向こう側へ通過するイメージです
across を使った例文
分かるかな?✍復習テスト

次の【    】に語句を入れなさい。

 

前置詞acrossの基本のイメージは【 ① 】です。そこから【②・③・④】の意味が生まれました。

答え

①~を横切る

②・③・④

「通過」・「貫通,浸透」・「対極」

次回は、【along】(知っていると自慢できる前置詞)についてお話します。お楽しみに!

More:もっと勉強してみたい方は👉こちら

※本書は下記出典をもとに再編集したものです。(新星出版社/向山)

前置詞キャラ図鑑
関正生 著(プロフィールは下記参照)
英語の前置詞を図解で説明する本は幾つもありますが、キャラクター化してしまった本はこれだけ。全部で30のキャラたちが、日本人にはいま一つ、つかみきれなかった「前置詞」を、わかりやすく教えてくれます。著者は英語教育界の革命児、関正生先生。前置詞の核心をつくキャラクターたちの活躍で、どんどん読み進められる1冊。いままで、数々の英語語学書にチャレンジしてつまづいた方にこそ、手にとって欲しい本です。
購入はこちら
関正生(セキマサオ)
1975年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。北九州予備校、秀英予備校を経て、現在はリクルート運営のオンライン予備校「受験サプリ」講師。「受験サプリ」での有料受講者数は約3万人。英語教育業界の革命児。累計60万部突破の語学書『世界一わかりやすい〇〇の授業』シリーズ、学参『大学入試 世界一わかりやすい 〇〇の特別講座』シリーズ(以上、KADOKAWA)など著書多数。(書籍刊行時)
新着記事