2020.08.13
トップコンサルタントが教える「成功する転職 5」

【活躍し続けられる唯一無二の人材であるために】

森本 千賀子
NHKプロフェッショナル仕事の流儀「会社も、人も、もっと輝ける~転職エージェント 森本 千賀子」出演。
1970年生まれ。獨協大学外国語学部卒業。1993年リクルート人材センター(現・株式会社リクルートキャリア)に入社。2012年4月より株式会社リクルートエグゼクティブエージェントに転籍。大手からベンチャーまで幅広い規模・業種の企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援サポート全般を手がけ、主に経営幹部・管理職人材の採用および転職支援に取り組む。これまで3万人超の転職希望者と接点を持ち、2000人超の転職を媒介してきた。2017年3月、株式会社morichを設立。パラレルキャリアを実践し転職・中途採用支援ではカバーしきれない企業の課題解決に向けたソリューションを提案、実行する。

 第1回~4回では、転職活動に必要なことから、転職先での実務を遂行するコツまでをお話ししました。今回は、「自分」というブランドを生み出し、活躍し続けるためのノウハウをお話しします。

自分ブランド」の構築で価値を高める

「**といえば〇〇さん」と言われる人になろう

 

 社内で一目置かれ、頼られる存在になりたいなら「自分ブランド」を築くことです。そのためには「このテーマに関しては誰にも負けない」「この分野は誰よりも詳しい」という領域を持ってください。

 

 自分ならではの「強み」を持っておくと、それがフックとなってさまざまなつながりが生まれ、人脈が自然に築かれていきます。

 また、「〇〇ツールを使いこなす達人」など、自信がある特技でも大丈夫です。社内にどんどん発信していきましょう。

 

 皆がやりたがらないテーマや、未開拓かつ拡大の可能性があるブルーオーシャンの分野に注目してみてください。

自身の市場価値を見極める目を持つ

 自分の強みを磨いて「ブランド化」するに当たっては、社内だけでなく「世の中で求められているか、評価されているか」という視点も欠かせません。客観的に見て「市場価値があるかどうか」ということです。

 「自分はこの分野ならだれにも負けない」と自信を持っていても、世の中がそれに価値を見いださなければ「強み」とは言いづらいでしょう。「他社から見るとどうか」「社会全体ではどうか」といった客観性を維持するためには、社外で情報収集することも大切です。

 新たな同僚と働き始めてしばらく経つと、「勝てる部分」「勝てない部分」が見えてくると思います。そうした場合は「弱い部分を克服・補強する」よりも「強い部分を伸ばす」ことにエネルギーを注ぐことをお勧めします。

「変化」を恐れず、飛び込もう

 組織の一員として働いていると、思いがけず「異動」「転勤」「出向」などの辞令が下されることがあります。そのような可能性がある皆さんに、ぜひお伝えしたいことがあります。「望まぬ辞令に抵抗感を抱かないでください」ということです。むしろ、異動や転勤は「絶好のチャンス」にもなり得るのです。

 

 業績不振の子会社や買収したばかりの会社に出向を命じられ、最初は不満を抱いたものの、業績回復のプロセスに貢献し、本社に戻って高いポジションに抜てきされた、というケースはわりとよくあることです。気が進まない辞令も、ぜひ絶好のチャンスと受け止めてください。

異動経験者は、新たな価値をプロデュースできる

 意外に思われるかもしれませんが、昨今活躍しているビジネスプロデューサーは、必ずしもゼロから斬新なアイデアを生み出せる人物ではありません。それよりも社内外の経営資源(ヒト・モノ・カネ)を効果的に活用して、バリューの創出や最大化を実現できる人。   

 

 すなわち1つの部署で同じ領域をずっと担当してきた人ではなく、社内のさまざまな部署を越境してネットワークを構築し、多種な業務に通じている人なのです。

 

 また、将来的に経営幹部としての活躍を期待する人に対しては、あえて厳しい環境を経験させる会社もあります。経営幹部となれば、当然ながら有事に直面したときの対応力が欠かせません。逆境やトラブルに対応するトレーニングを兼ねて、異動や出向を命じるケースもあります。

 

 新しい会社でスタートを切った皆さんも、またいずれ転職を考えることがあるかもしれません。これからも変化を恐れず、新たな環境に飛び込んでいってください。

「巻き込む力」こそ最強かつ最重要!!

 「出る杭は打たれる」という言葉があります。「打たれたくないので、なるべく目立たないでおこう」と考える人は少なからずいるでしょう。

 

 しかし、同じように積極的に行動しても「共感」が得られる人とそうでない人がいます。それは「大義名分」があるかないかの違いでしょう。

 

 あなたに大義があるからこそ、転職に挑戦したのではないでしょうか。初心を忘れず、「自分はこの会社で何がしたいのか。何を成し得たいのか」を常に意識して行動を起こしてください。そして、一緒に働く仲間にもしっかりと発信してください。あなたの協力者となってくれる人が一人また一人と増えていくはずです。

 

 ただし、スタンドプレーをしがちな人は「出る杭」として打たれやすいので注意しましょう。自分の仕事に周囲の人を「巻き込む」ことをお勧めします。中途社員の方は特に「できる限り自分だけで解決しよう」という意識が働きがちですが、どんどん上司や同僚を頼るべきです。

 気持ちよく「ギブアンドテイク」できる関係を社内に広げていってください。

 

 

次回、最終回は、「ビジネスパーソンとしての長い人生について」をお伝えします。

 

 

MORE

●「自分ブランド」の人気度アップの実例

●「時代の潮流」をつかむアンテナの張り方

●「異動」後の成功例

●「周囲をやる気にさせ、巻き込む」ためのポイント

●「社内の人脈構築」の方法

など、さらに詳細を知りたい方は👉こちら

※本記事は、下記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

無敵の転職
森本千賀子(プロフィールは下記参照)
“納得の一社”の内定を勝ち取り、新しい職場で活躍するための心得を、企業の本音を知り尽くした転職請負人が伝授する。面接~入社直後を乗り切る具体的な方法を、転職のプロが実体験をもとに具体的にわかりやすく解説していく。著者はNHKプロフェッショナル仕事の流儀「会社も、人も、もっと輝ける~転職エージェント 森本 千賀子」に出演した転職成功のプロフェッショナル。
購入はこちら
森本千賀子(モリモトチカコ)
NHKプロフェッショナル仕事の流儀「会社も、人も、もっと輝ける~転職エージェント 森本 千賀子」出演。
1970年生まれ。獨協大学外国語学部卒業。1993年リクルート人材センター(現・株式会社リクルートキャリア)に入社。2012年4月より株式会社リクルートエグゼクティブエージェントに転籍。大手からベンチャーまで幅広い規模・業種の企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援サポート全般を手がけ、主に経営幹部・管理職人材の採用および転職支援に取り組む。これまで3万人超の転職希望者と接点を持ち、2000人超の転職を媒介してきた。2017年3月、株式会社morichを設立。パラレルキャリアを実践し転職・中途採用支援ではカバーしきれない企業の課題解決に向けたソリューションを提案、実行する。また、放課後NPOアフタースクール、一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズの理事として、また複数社の社外取締役やアドバイザー、アンバサダーなどの活動にも注力。プライベートでは家族との時間を大切にし、二男児の母でもある。「妻」「母」「ビジネスパーソン」として充実した“トライアングルハッピー”の状態を目指す。
新着記事