2020.09.03

【冷凍保存のアレンジ術】 余った肉じゃがはこうして冷凍保存。
コロッケ・あんかけ豆腐にリメイクも!

吉田瑞子先生
料理研究家&フードコーディネーター。雑誌・テレビなどでも活躍中。おいしくカンタンに作れる、バリエーション豊かな家庭料理に定評がある。

 毎日のお料理で悩む献立。昨日の残り物をうまくアレンジ出来たらとても便利ですね。そんなときぜひおすすめなのが、冷凍保存しておいた作り置きのリメイク術。時短も叶い、バリエーションも増えるので、おすすめです。解説は、おなじみの料理研究家&フードコーディネーターとして活躍中の吉田瑞子先生です。ぜひマスターして、おいしいお料理を作ってくださいね。

【定番おかず、肉じゃがの作り方とアレンジレシピ】
じゃがいもにほどよく味を染み込ませて

【材料(4人分)】

●牛薄切り肉…200g

●じゃがいも…3個

●玉ねぎ…1個

●にんじん…1本

●だし汁…2と1/2カップ

A しょうゆ…大さじ4

A みりん…大さじ4

A 砂糖…大さじ2

●サラダ油…大さじ1

●さやえんどう…4枚

 

【作り方】

①牛薄切り肉は3~4㎝幅に切る。じゃがいも、にんじんは乱切り、玉ねぎはくし形に切る。

②さやえんどうは筋を除き、塩(分量外)を加えた熱湯で色よくゆで、水にとり、斜め切りにする。

③鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。牛薄切り肉を加え、色が変わったら、にんじん、じゃがいもを加え炒め、だし汁を加える。

④だし汁が沸騰したらアクを取り、Aを加え、落とし蓋をして約10分煮る。

⑤煮汁が1/3量になったら落とし蓋を外し、上下を返す。そのまま汁気がなくなるまで強火で煮て、煮汁を飛ばす。

⑥器に盛りつけ、②をちらす。

肉じゃがの冷凍保存

【保存方法】

じゃがいもとそれ以外の具材に分けて冷凍保存袋に入れる。じゃがいもはマッシュする。

 

 

【解凍加熱方法】

電子レンジで解凍加熱する。

 

リメイク

 このままでも十分においしい肉じゃが。今回ご紹介するのは、冷凍した肉じゃがを使ってつくる、コロッケと肉豆腐です。全く別の料理に変身ができるので、楽しめますよ!

リメイク① ツナコロッケ
マッシュのじゃがいもを使えばラクチン

【材料(2人前)】

●冷凍肉じゃがのじゃがいも(マッシュ)…約200g

●玉ねぎ…1/4個

●ツナ缶…小1缶

●コーン…大さじ2

●パセリ…少量

●小麦粉…大さじ2~3

●卵…1/2個

●パン粉…1カップ

●塩、こしょう…各少量

●揚げ油…適量

●レタス…2~3枚

●とんかつソース(好みで)…適量

 

 

【作り方】

① 冷凍肉じゃがのじゃがいもは電子レンジで解凍する。

② 玉ねぎはみじん切り、ツナ缶は缶汁をきってほぐす。パセリはみじん切りにする。

③ ①に②とコーンを加え混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。6等分にしてたわら形に成形し、小麦粉、溶いた卵、パン粉を順にまぶす。

④ 揚げ油を180度に熱し、③をカラリと揚げる。

⑤ 皿に盛ってレタスを添え、好みでとんかつソースをかける。

リメイク② あんかけ豆腐
豆腐がお肉のあんで主役おかずに変身

【材料(2人分)】

●冷凍肉じゃが(じゃがいも抜き)…約380g

●木綿豆腐…1丁

A 水…1カップ

A 鶏がらスープの素…小さじ1/3

A オイスターソース…小さじ2

A しょうゆ…小さじ1

A 酒…大さじ1

A 砂糖…小さじ1

A 豆板醤、塩、こしょう…各少量

B 水…大さじ2

B 片栗粉…大さじ1

●ごま油…少量

●カイワレ大根…少量

 

【作り方】

① 木綿豆腐は8等分に切る。

② フライパンにAを沸騰させ、冷凍肉じゃがを加えて溶かす。①を加えてさっと煮、Bの水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を回し入れる。

③ 器に盛りつけ、根を除いたカイワレ大根を飾る。

 

肉じゃがのじゃがいもと具材を分けて冷凍保存することにより、全く味の違う2品ができます。他にも様々なアレンジレシピを知りたいという方は👉こちら

※本書は、下記出典を再編集したものです。(新星出版社/室谷)

※写真撮影/矢野宗則

冷凍保存の教科書ビギナーズ
吉田瑞子 著(プロフィールは下記参照)
冷凍保存の正しい方法がわかれば、より効率的に料理が楽しめる!どの食材をどのようにして冷凍すれば、鮮度を保って保存することができるか分かりやすく解説。
冷凍食材を使用したおかずレシピ、ひと手間かけて他のメニューに早変わりするアレンジレシピまで、活用術を幅広く紹介しています。社団法人日本図書館協会選定図書。

・写真撮影/矢野宗則
購入はこちら
吉田瑞子
料理研究家&フードコーディネーター。雑誌・テレビなどでも活躍中。おもちゃメーカーの企画の仕事から、料理研究家に転身。おいしくカンタンに作れる、バリエーション豊かな家庭料理に定評がある。
新着記事