2022.09.05

🌀「台風はどうしてできるの?」「大型で強い台風」ってどのようなもの?
【これからを生きていくために欠かせない! 気象の知識】

 日本は世界のなかで台風の上陸が多い国。8月から9月は上陸する回数が1年のうちで最も多く、今年は台風シーズンが長引く可能性があるという予報も出ていますので、天気予報のチェックが欠かせませんね。「強い台風」「大きくて強い台風」「猛烈な強さの台風」など、表現の仕方はいろいろありますが、どのくらいの違いがあるのかわかりますか? また、そもそも台風はどうやってできるのでしょう? 

 今回は、『こども気象学』から、台風の構造と勢力の表し方について解説します。

そもそも台風って何?

 「台風」とは、熱帯の暖かい海の上で発生し、最大風速が毎秒17.2m以上に発達した熱帯低気圧のことです。

 熱帯地方は1年を通じて日射が強いので海の温度が高く、水がたくさん蒸発します。この水蒸気によりたくさんの積乱雲が発生・発達しますが、積乱雲の中で水蒸気が水に変わるときに大きなエネルギーを出します。そのエネルギーをもとに、地球の自転の影響を受けて大きな渦巻きとして発達するのが台風です。私たちの住む日本がある北半球では反時計回りに、南半球では時計回りに渦ができます。

台風の構造

 台風の中心部には丸い雲のすき間があり、それを台風の目と呼びます。台風の目を取り囲む雲の壁の向こうには積乱雲があります。積乱雲の上昇気流により水蒸気が水に変わり大きなエネルギーが生まれます。この付近でもっとも風が強く吹きます。

 対して台風の目には、積乱雲はなく、風が弱く晴れていることも多いです。そのため、台風の目が頭上を通過すると、雨や風がおさまることがありますが、吹き返しがあるため油断は禁物です。

台風の勢力の表し方

 台風の勢力は、大きさと強さで表現します。普通の勢力のときは強さや大きさの表現はありません。それよりも強い勢力、大きな勢力のときにそれを示す言葉をつけます。強さは、台風の中心付近の最大風速と対応させています。中心気圧という言葉も使われますが、中心気圧が低いほど、最大風速も強くなる傾向にあります。大きさについては、強風の吹く半径で階級を決めています。

強さの階級分け

🔶強さは、台風の中心付近の最大風速と対応させている。中心の気圧が低いほど、最大風速も強くなる傾向に。

 

強い🌀

中心付近の最大風速:33m/s (64ノット)以上~44m/s (85ノット)未満

 

非常に強い🌀🌀

中心付近の最大風速:44m/s (85ノット)以上~54m/s (105ノット)未満

 

猛烈な🌀🌀🌀

中心付近の最大風速:54m/s (105ノット)以上

大きさの階級分け

🔶大きさについては、強風の吹く半径で階級を決めている。

 

大型(大きい)🌀

風速15m/s以上の半径:500㎞以上~800㎞未満

 

超大型(非常に大きい)🌀🌀

風速15m/s以上の半径:800㎞以上

「大型で強い台風」ってどのようなもの?

 テレビの台風情報などで、「大型で強い台風」などと言っているのを聞きますね。それは、上記に示したような台風の強さや大きさを組み合わせたもの。単に「強い台風が接近しています」という場合は、強風域の半径が500㎞未満のときで、大きさは示されません。

 逆に、最大風速が33m/s未満の場合は強さには何も触れずに、「大型の台風が接近しています」となるのです。

 実は、昔は小型の台風とか弱い台風といった表現がありました。弱い台風でも、大雨を降らせて大きな災害になることがあるため、弱い、という言葉で油断することがないように、このような用語は使わないことになったのです。

 今回は『こども気象学』から、台風の仕組みと勢力について解説しました。これから天気予報などで台風の情報を見る時は、どのくらいの規模のものなのか、大きさや強さを表す言葉にも注目してみましょう。

 次回は、台風はどのようにして生まれ、どのように弱まっていくのか? その一生について解説します。

『こども気象学』でもっとくわしく知ろう!

📕『こども気象学』は、これからの時代を生きていく子どもたちにもわかるよう、気象の知識を豊富なイラストや図で解説しています。大人の方にもおすすめの1冊なので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

出典『こども気象学』

本記事は上記出典を再編集したものです。(新星出版社/内園)

※写真画像 /shutterstock.com

こども気象学
隈健一 監修
大気で起こるさまざまな現象とそのしくみ、天気予報がまるごとわかる!生活に欠かせない気象の知識を小学生向けにゼロから解説する本。
購入はこちら
隈健一(クマケンイチ)
東京大学先端科学技術研究センター シニアプログラムアドバイザー
気象庁で数値予報開発に携わり台風予報の精度向上に貢献。東京管区気象台長、観測部長を経て2019年3月に気象研究所長にて定年退職。東京大学先端科学技術研究センターにおいて、JSTのCOI-NEXT(共創の場形成支援プログラム)のClimCORE(地域気象データと先端学術による戦略的社会共創拠点)の立ち上げに関わり現在このプロジェクトの推進中。
新着記事