2022.07.01
7月の特集

レッスン2【くだものや野菜を描く】
~さくらんぼを描いてみよう~

実物を見ながら描いてみよう!

 筆づかいに慣れてきたら、今度は実物を見ながら描くレッスンをしてみましょう。ここでは、夏の風物詩、さくらんぼを描いてみます。

🔹形のとらえ方

ぶどうやさくらんぼは、筆の軸を回転させると一筆でハリのある、かわいらしい形が描けます。

 

🔹スタート!

さくらんぼの魅力は、なんといってもハリのある丸さです。慣れてきたらハイライトを白く残して果肉の色をぬります。

 

色の濃い部分から赤を流し込んで、自然なグラデーションをつくります。

 

輪郭の線は、筆の軸をゆっくり回転させながら、なめらかに筆を動かして描いても、ハリをもたせることができます。

 

 

ハイライトの形を整えながら、実に色をつけます。

 

さらに、鮮やかな赤を流し込みます。

 

実の大きさに対する軸の太さは大切です。筆の穂先を立て、気を抜かずに描きましょう。

 

緑の軸の中にも、さくらんぼの色が含まれています。軸のつけ根は実につなげ、色を引き込みます。

 

🔶完成!
手順が簡単なので、気に入るまでたくさん描いて、おいしそうに見えるまで挑戦しましょう。
水彩画の教科書
上田耕造 著(プロフィールは下記参照)
おうち時間が増え、何かに取り組みたいと思った人が気軽に始められるのが「水彩画」。本書は果物や花など、手近なものからスケッチをはじめ、植物・風景・人物・動物などテーマ別に、作品として仕上げるまでのプロセスを、丁寧な手順写真と文章で詳しく解説。苦手な人の多いデッサンやモチーフ選びなどについても、著者手描きのイラストをふんだんに使い、わかりやすく楽しくまとめました。透明水彩の美しい作品を紹介しつつ、それを仕上げるまでの過程がまるっとわかる1冊です。
購入はこちら
上田耕造(ウエダコウゾウ)
1959年福岡に生まれる
1983年東京藝術大学美術学部油画科卒業(安宅賞、大橋賞受賞)
1985年東京藝術大学大学院修土課程修了(羽生出研究室)
1988年東京藝術大学大学院博土後期課程満期修了(田口安男研究室)
1995年蓮華寺本堂天井画制作(東京都中野区江古田)
1992、1994、1996、1999年公共施設の壁画制作
1999年アトリエ21開設(岡田高弘、広田稔との共同主宰)

無所属
美術系予備校、児童教室、高等学校講師を経て、
NHK文化センターほか専門学校、大学にて講師を担当
東京藝術大学美術解剖学会会員
個展・グループ展、ともに毎年数回開催

著書
『イチバン親切な油絵の教科書』(新星出版社)
『イチバン親切なデッサンの教科書』(新星出版社)
「人物クロッキーの基本」(アトリエ21共著、ホビージャパン)
絵画教室アトリエ21 (J R関内駅前)主宰
問い合わせ:TEL& FAX 045-271-0566
絵画教室アトリエ21 ホームページ
新着記事