2022.11.01
🥎小林至先生の【野球の経済学ミニ講座】

①プロ野球選手になったらいくら稼げる?

「大きくなったら大谷選手みたいになりたい!」と夢を描きながら練習に励むお子さまを見守るご両親は多いでしょう。プロ入りまでにかかる費用は、どのくらいかかると思いますか?

 

 わが子をプロ野球選手にするため、小学生から硬式野球を始めさせたとします。小学6年間は地元のリトルリーグ、中学は地元のリトルシニア、高校は名門私立野球部に入り、晴れて高卒でプロ入りというのが最短ルートでしょうか。

 

 その場合でも、プロ入りまでにかかる費用は用具代なども含め、トータルで約500万円に上り、お子さまの送迎やチーム内の当番など父母にかかる負担は大きく、一流の野球教育を施せる家庭はごくわずかなのです。

 

 では実際、プロ野球選手になることができたら、トータルでいくら稼ぐことができるのでしょうか。

 

 マスコミで報じられるイメージですと、何億円もする豪邸を建てたり、何百万もする腕時計を持っていたり、高級な外国車を乗り回したりという華やかなイメージをもっている人も多いと思います。

 

 2022年度の推定年俸ランキングを見ますと、楽天イーグルスの田中将大選手が9億円、ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が6億2000万。同じくソフトバンクの千賀滉大選手、読売ジャイアンツの坂本勇人選手、菅野智之選手が6億円となっています。夢のある金額のようですが、このように何億円と稼ぐ選手はほんのひと握りです。

 

 2022年に日本プロ野球選手会が発表したデータによると、外国人選手を除いた選手の平均年俸は約4300万円です。思ったよりも多かったですか?それとも少なかったでしょうか?

 

 でもこれは高額年俸を受け取る一部のスター選手によって引き上げられたもので、実際の中央値は約1500万円。2軍以下の選手に絞ると、平均年俸は約850万円に下がります。

 

 年俸の最低額は1軍が1600万円、2軍が440万円、育成選手は240万円……。一見華やかに思える球界ですが、選手たちも格差に直面しているのです。

 

 ちなみにドラフト選手の契約金の相場は、1位ですと、1億5000万円、2位は7500万円、3位は5500万円前後です。ドラフトからすでにかなりの格差が発生していますね。プロ野球で稼ぐということは、常に厳しい競争を勝ち残っていくということなのです。

 

動画はこちらから

野球の経済学
小林至 監修(プロフィールは下記参照)
プロスポーツでは多くのお金が動きます。日本のプロスポーツではプロ野球がその最たるものでしょう。実態は親会社との関係も複雑なものであり、なかなかその全貌を知ることができません。また、近年多くの日本人選手が活躍している大リーグとの違いも気になります。

例えば、子どもをプロ野球選手にするにはいくらかかるのか? 選手の年俸ってどう決めるの? 球場の使用料はいくらぐらいなの? などの疑問に答えながら、日本のプロ野球とメジャーリーグにまつわるお金の情報を解説します。

本書は、独自のビジュアル解説が中心になっており、文字中心のテキストを読むのは億劫。
もっと手軽に野球についてビジネス的な側面を知りたい。それも上辺だけの理解ではなく、きちんと会話・説明ができるようになりたい! という方にぴったりの一冊です。
購入はこちら
小林至(コバヤシイタル)
1968年生まれ。神奈川県出身。桜美林大学健康福祉学群教授。博士(スポーツ科学)。
92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位で入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。93年退団。翌94年から7年間、アメリカに在住。その間、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。2002年より江戸川大学助教授(06年から教授)。05年から14年まで福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、球界初となる三軍制の創設、FA・外国人選手の獲得に尽力した。学校法人桜美林学園常務理事、一般社団法人大学スポーツ協会理事。
新着記事