2021.04.08

🍱おべんとうのおかずに!
初心者でも上手にできる
【 卵焼きの作り方】

 おべんとうのおかずの代表格といえば、卵焼き。ふわふわできれいな形の卵焼きを作りたいけれど、なかなか上手にできないという方は多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、『かんたん園児のおべんとう』から、初心者でも上手にできる【 卵焼きの作り方】を解説します。動画もありますので、ぜひご覧ください。

卵焼きの作り方

【材料】

●卵…2個

●サラダ油…小さじ1/2

A 砂糖…大さじ1/2

A 酒…小さじ1

A しょうゆ…小さじ1/3

A 塩…少々

【作り方】

①卵液を作る

ボウルに卵、Aを入れて、溶きほぐします。菜箸の先をボウルの底につけたまま動かすとよく混ざります。

②流し入れて焼く

卵焼き器にサラダ油を入れて中火で熱し、卵液を一気に流し入れます。手早く、大きく混ぜて、半熟状になったら弱火に。

 

★ワンポイントアドバイス…卵焼き器を少しかたむけて、油がサーッと流れたら熱くなった証拠

↓

向こう側の端をはがし、手前に向けて少しずつ返しながら焼きます。この後はずっと弱火です。

③折りたたむ

ある程度巻けたら、フライ返しで大きくひっくり返して折りたたみます。

↓

卵焼き器の手前に寄せ、フライ返しで軽く押さえ、空気を抜くようにして形をととのえます。

↓

数回上下をひっくり返し、両面が均一な焼き色になるまで焼きます。必ず、中までしっかり火を通して。

 

きほんができたら応用も☆

 

【フライパンで卵焼きを作るコツ】

丸形フライパンでも、卵焼きは作れます。卵液を流し入れ、半熟にするところまでは同じ。あとは弱火にして、クレープを作るような要領で折りたたみます。

 

左右を少し折りたたむ。

↓

向こう側から折りたたむ。

↓

フライ返しで持ち上げ、手前に数回巻く。

💛作ってみよう!ハートの卵焼き

卵焼きを作り、6等分に切る。1切れを斜め半分に切り、片方をひっくり返してハート💛の形にして横からピックで刺す。

↓

🎦動画はこちらから

※本記事は、下記出典を再編集したものです。(新星出版社/室谷・向山)

※写真/ ©Shutterstock、©岡本真直

かんたん園児のおべんとう
阪下千恵 著(プロフィールは下記参照)
はじめての園児のおべんとうで不安なママや、これまでにもおべんとうを作っているけど苦手に感じているママも、この1冊があればもう大丈夫!

「野菜を上手にゆでる」「卵焼きをおいしく作る」「肉をやわらかく焼く」という、お弁当作りの基本中の基本を、プロセスごとに写真をつけて丁寧に紹介しました。 まずはこの3ステップさえ押さえれば、ちょっとしたアレンジで何通りものおべんとうの献立が完成します!
年少と年中・年長にわけて、それぞれ2週間ずつのおべんとうカタログも掲載。レパートリーが豊富なので、もう「明日なに作ろう…」と悩みません。
そのほか、忙しいママの救世主、作りおきおかずや下味冷凍、ちょっとしたすきま助かる色別おかずも多数紹介しました。
子どもにおべんとうを食べてもらえるちょっとしたコツや、おべんとう作りの悩み・Q&Aなども盛りだくさん! はじめてのおべんとう作りにうってつけの1冊です。
購入はこちら
阪下千恵(サカシタチエ)
料理研究家・栄養士。大手外食企業、食品宅配会社を経て独立。子育ての経験を活かした、作りやすくて栄養バランスのよい料理が好評を博し、現在、NHK「あさイチ」などのメディア出演をはじめ、書籍、雑誌、企業販促用のレシピ開発、食育講演会講師など多岐にわたり活躍中。著書に『決定版 朝つめるだけ!作りおきのやせる!お弁当389』『おいしすぎてほめられる!料理のきほんLesson』『はじめてママもこれならできる!園児のかわいいおべんとう』『とっておきのお持ちよりレシピ』(いずれも新星出版社)、『ひとりで作って、みんなで食べよ! はじめてのごはん』(日東書院本社)、『友チョコもあこがれスイーツも! はじめてのお菓子レッスンBOOK』(朝日新聞出版)、『キッチンがたった1日で劇的に片づく本』(主婦と生活社)など多数。夫、2004年、2009年生まれの2人の女の子との4人家族。(書籍刊行当時)

料理研究家 阪下千恵 オフィシャルブログ
YouTubeチャンネル …MIKATA KITCHEN 阪下千恵
新着記事