2021.09.22

【B to B】【B to C】【B to G】…
きちんと説明できますか? 
マーケティング用語をおさらいしよう!

 仕事で、マーケティングの知識が必要な方は多いですが、マーケティングに関する専門的な用語について、どのくらい正確に覚えているでしょうか。よく見るアルファベットを使った次の用語の意味、あなたはわかりますか?

①【BtoB】とは?

【BtoB】=【(     )  to  (     )】

答え🎯 Business to  Business 

 【BtoB】は、【Business  to Business 】の略。「B2B」とも書く。企業間の取引のこと。もとはEコマース(電子商取引)での取引のことをいったが、BtoC、BtoGなども含めて、現在ではネット以外の取引もさす。「BtoBの市場規模」「BtoBマーケティング」などと使用する。

②【BtoC】とは?

【BtoC】=【(     )  to (     )】

答え🎯 Business  to Comsumer

 【BtoC】は、【Business  to Comsumer 】の略。「B2C」とも書く。企業と消費者間の取引。【BtoC企業】【BtoC事業】などと使用する。

 

③【BtoG】とは?

【B to G】=【(     )  to  (     )】

答え🎯 Business  to Government

 【BtoG】は、【Business  to Government】の略。「B2G」とも書く。企業と行政機関間の取引。

④【CtoC 】とは?

【C to C】=【(     )  to  (     )】

答え🎯 Consumer  to Consumer

 【CtoC】は、【Consumer  to Consumer】の略。「C2C」とも書く。消費者と消費者の間の取引のことで、ネット・オークションが代表的。

MORE マーケティング用語のことをもっと知りたい方は👉こちら

出典 『改訂版 マーケティング用語図鑑』

本記事は上記出典を再編集したものです。(新星出版社/向山)

 

イメージ写真はすべてShutterstock.comの許可を得ています。

 

 

マーケティング用語図鑑 改訂版
野上眞一 著
マーケティングで使われる言葉は、カタカナやアルファベットが多く、ビジネスの現場でも頻繁に使われています。しかし、なんとなくしか理解をせずに使われているケースが多いのが現状。つまり、しっかりと理解されていない方が少なくないのです。
本書では、ビジネスの現場でよく耳にするマーケティング用語から、聞いたことがあるくらいの少し難しい言葉、そして最新のWebマーケティングの用語を、イラスト付きでビジュアル解説しています。

※本書は2017年刊行の『改訂版 マーケティング用語図鑑』(弊社刊)をもとに、最新用語に加筆・訂正したものです。
購入はこちら
野上眞一(ノガミシンイチ)
マーケッター、フリーライター。会社勤務を経て、主に「マーケティング」「経営数字」などを中心とした書籍等の執筆、およびそれらのアドバイス、コンサルタントなどを行なっている。ビジネスマンや学生、マーケターが中心となった、マーケティング・リサーチ研究会代表。難解なマーケティング戦略や用語を、ビジネスマンや学生にも理解できるようにかみ砕いた説明には定評がある。
著書に『18歳からの「マーケティング」の基礎知識』(ぱる出版)『図解でわかるマーケティング いちばん最初に読む本』(アニモ出版)など。
新着記事