2022.05.26
【子どもが生まれたら知っておきたい! 】

産後のママによくある体のトラブル

ホルモンバランスの影響でさまざまな不調が…

 産後のママには、さまざまな不調が現れます。人によって症状の現れ方は異なりますが、出産という人生の大仕事を経て、未経験の育児に挑戦しているのですから、何もトラブルがない方が珍しいでしょう。

 

 不調の原因は①ホルモンバランスの変化、②妊娠や出産での負荷、③日々の育児の負荷、の3つが主ですが、複数が絡み合うことも多くあります。

 

 原因①の「ホルモンバランスの変化」による症状は、一過性のものなので、時間とともに解消していきます。ただし、妊娠・出産を境に体質が変わる人も多いので、化粧品やシャンプーなどが合わなくなったと感じたら、低刺激のものに替えて様子を見ましょう。

 

 「原因②妊娠や出産での負荷」によるものは、体が回復するにつれて症状が和らいでいきますが、同時に、「原因③日々の育児の負荷による」症状も出てきます。どんな不調でも、できるだけ疲れをためず、睡眠をたっぷり、栄養バランスのよい食事をとることが大切。パパにも体調を理解してもらい、家事もセーブして、できるだけゆったり過ごしてください。

おもな原因別、産後のママによくあるトラブル

【原因① ホルモンバランスの変化】

 

 

🔹倦怠感

🔹頭痛 

🔹目の疲れ 

🔹抜け毛 

🔹肌荒れ

 

【原因② 妊娠や出産での負荷】

 

 

🔹骨盤のゆがみ 

🔹会陰切開の傷の痛み 

🔹恥骨痛 

🔹腰痛 

🔹尿漏れ 

🔹便秘・痔 

🔹体型の崩れ

 

 

【原因③ 日々の育児の負荷】

 

 

🔹腰痛 

🔹肩こり 

🔹睡眠不足 

🔹乳腺炎 

🔹乳首が切れる 

🔹腱鞘炎 

🔹貧血

赤ちゃんのためにはママの健康も大切に

 いずれの症状でも、つらい状況が続いたり、症状が悪化していく場合は、早めに専門家に相談しましょう。「赤ちゃんのお世話で病院に行く時間がないから」と後回しにしていると、お世話ができなくなるほど悪化してしまうこともあります。保健師や産婦人科、整形外科など、症状に合わせて相談してください。

MORE ママの体のきがかりなど、もっと詳しく知りたい方は👉こちら

 

※本記事は、下記出典をもとに再編集したものです。(新星出版社/向山)

※写真/shutterstock

この連載の他の目次
育児オールガイド
草川功 監修(プロフィールは下記参照)
購入はこちら
草川功(クサカワイサオ)
医学博士、聖路加国際病院小児科医長。1983年東京医科大学卒、1987年東京医科大学大学院を修了。東京医科大学付属病院、国立小児科病院、ピッツバーグ小児病院などを経て、現職。日本小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会指導医および新生児蘇生法インストラクター、American Heart Association PALSインストラクター。NHK Eテレ『すくすく子育て』では医療の専門家として出演。穏やかな口調とやさしい笑顔で、新米ママ達からの信頼も厚い。

新着記事