2020.05.26
妊娠したら知っておきたい!

ママの体と赤ちゃんの様子 【後期36~39週(妊娠10カ月)】

  妊娠がわかってからの約10カ月間は、ママと赤ちゃんが一心同体になり、絆を深めていく大切な時間。同時に、おなかの中の赤ちゃんがどのように育っていくのか、ママの体はどのように変化するのか……、 人間の生命の神秘を感じる10カ月でもあります。

 ここでは、妊娠月数ごとの赤ちゃんの様子とママの体の変化を解説していきます。

【妊娠10カ月目の赤ちゃんの様子】身長…約50㎝ 体重…約3000g
●機能がすべて整い、生まれる準備万端!

 内臓器官がすべて完成し、いつ生まれても大丈夫な状態に。外でも元気に生きていけるように、胎盤を通して、ママから病気に対する免疫を受け取ります。

 また、赤ちゃんも誕生に向けて準備を開始。背中を丸め、手足を胸の前で組んだ形でコンパクトになっています。徐々に位置も下がり始め、頭を骨盤に固定します。動きが小さく、少なくなるので、ママは胎動を感じにくくなります。

【ママの体】

体調の変化はお産が近づいたサイン

 

◆赤ちゃんが骨盤のほうに下がり、子宮底長は約33㎝に。子宮が下がって膀胱を圧迫するので、多くの人が頻尿になったり、尿もれを起こしたりします。一方、赤ちゃんが下がってくると、動悸が減り、胃のあたりは少しすっきりしてきます。おなかの皮がパンパンに張ってくるので、妊娠線ができる人も増えます。おなかの張りが頻繁になって、不規則に続いて起こることもあるでしょう。

 

◆この時期、特に気を付けたいのは、食欲。今までの胃のつかえが取れ、その反動でうっかり食べすぎ、最後になって急激に体重が増えることもあります。出産直前でも、妊娠高血圧症候群のリスクはあることを忘れずに。特に働いていて産休に入った人や、里帰り出産で実家に帰った人は、気のゆるみからついルーズになりがちです。最後まで食生活に注意し、体調と相談しながら適度に体を動かして過ごしましょう。

 

◆妊婦健診は1週間に1回になります。37週から41週は「正期産」の時期なので、予定日に関係なく、いつお産が始まってもおかしくありません。健診で「子宮口が開き気味」などと言われたら、お産はまもなくだと心得て。夫の立ち会い出産を予定している人は、夫と一緒に確認してください。

 

◆42週を過ぎると「過期産」となり、胎盤機能が低下したり、羊水量が少なくなって、赤ちゃんにリスクが生じることもあります。そのため、過期産になる前に陣痛促進剤で陣痛をつけて、お産を進めることが一般的です。

MORE  

●分娩当日の流れ
●慌てないために確認しておくこと
●出産前にそろえておきたいベビーグッズリスト

など、

もっと知りたい方はこちら

※本記事は、下記出典をもとに一部加筆・再編集したものです。(新星出版社/向山)

この連載の他の目次
妊娠・出産オールガイド
竹内正人 監修 (プロフィールは下記参照)
本書は、はじめて出産を迎えるママと、サポートするパパのための1冊です。
妊娠期間を楽しく過ごすためのアイデアをはじめ、妊娠中の体のトラブルや、お悩みについても詳しく解説しています。先輩ママ2000人の声(自社アンケートおよび、コンビ株式会社 妊娠・出産&製品口コミ情報サイト「コンビタウン」)をもとに、体験談やアドバイスも満載。
またバースプランの立て方、パパが協力できることなど、出産に向けての内容も充実しています。
『マタニティヨガ30分体験DVD』の特典付き。巻頭特集では、お腹の中の赤ちゃんからのメッセージ「ママへ」(体内赤ちゃん実物大イラスト)、「そろえておきたいベビーグッズガイド」も収録し、盛りだくさんの内容です。
購入はこちら
竹内正人(タケウチマサト)
産科医、医学博士。日本医科大学卒業。米国ロマリンダ大学で周産期生物学、日本医科大学大学院で産婦人科学と免疫学を学び、2005年まで葛飾赤十字産院に勤務。産科部長として周産期医療に力を注ぐとともに、JICA(国際協力機構)母子保健専門家として、ベトナム、アルメニア、ニカラグア、パレスチナ、マダガスカル、カンボジアの母子医療にも関わる。現在は東峯婦人クリニック(東京都江東区)副院長。2006年、生から死までホリスティック(=全体的)に関わりたいと、主にグリーフケアの場として東峯ヒューマナイズドケアセンター・ラウンジクリニックを開設。より優しい「生まれる」「生きる」を目指し、国・地域・医療の枠を超えた”行動派産科医”として活動している。(書籍刊行時)

竹内正人オフィシャルサイト
新着記事