2021.07.21
【子どもが生まれたら知っておきたい! 赤ちゃんの様子】

生後10~11カ月 
「自分・もの・相手」の3つの世界を楽しみ始めます

「ちょうだい」「はい、どうぞ」のやり取りもスタート

 今回は、『育児オールガイド』より、生後10~11カ月の赤ちゃんの様子を解説します。

 

 これまでは、「自分とおもちゃ」「自分とママ」など1対1の関係で世界を見ていた赤ちゃん。それが10カ月頃になると、おもちゃ遊びを通じてママとつながる、という分かち合いをたのしめるようになっていきます。これは「三者間コミュニケーション」と呼ばれ、後に会話ややり取りのタイミングをつかむことにつながっていくもの。何げない「ちょうだい」「はい、どうぞ」のやり取りも、赤ちゃんとママにとっては、新しいコミュニケーションの始まりなのです。

体👶

 生後10~11カ月の赤ちゃんの体の特徴はこんな様子!

つかまり立ちに慣れると伝い歩きに進みます

 つかまり立ちに慣れると片手を離すこともできるようになり、伝い歩きへと進んでいきます。まだ転びやすく、頭を打つ場合も多いので、危ないときは手を差し伸べるなど、見守ってあげましょう。

 

 伝い歩きができるようになった赤ちゃんは、手押し車でも遊べるように。最初は押す力と歩くタイミングがつかめずにうまく動かせませんが、コツをつかむと自由に歩ける喜びに目を輝かせて遊ぶようになるでしょう。

 

 両手にものを持って打ち鳴らす、小さなものをつまんで穴に入れる、といった様子もよく見られます。手指を使う遊びは赤ちゃんの脳を刺激し、知能の発達を促します。いたずらに手を焼く場面の増えますが、できる限り好奇心を満たしてあげましょう。

心💛
その場を離れるときは必ず赤ちゃんにひと声かけて

 後追いはピークを迎えます。すぐ戻るから、とだまっていなくならず、「トイレに行ってくるね。すぐに戻るから大丈夫だよ」などと必ず声をかけてあげましょう。しばらくはついてこようとしますが、赤ちゃんも次第に、「待っていれば大丈夫だ」ということを理解するようになります。

意味のある言葉が出始める子も。ただし時期の個人差は大

 お皿を持ち上げて「もっと!」という表情でママをうかがうなど、言葉の芽が育っていきます。そして、10カ月前後~1歳半くらいで、意味のある「一語発話」に結びつくでしょう。最初は、「ママ」「マンマ」など、発音しやすいくて身近な言葉がひとつ。「ママ」という一言で、「ママ見て!」「ママ抱っこ~」「ママがいた!」など、いろいろな意味を表現します。「ママに見てほしいの?」「抱っこしてほしいの?」など赤ちゃんの様子をよく観察して、気持ちを代弁してあげましょう。

 ただし、発語の時期には大きな個人差があります。くれぐれも焦らないでくださいね。

生活・お世話🏠
離乳食は多くの子が3回食に。食べムラや遊び食べも

 離乳食が3回食で定着してきたら、1日に必要な栄養を離乳食でとれるようにバランスを考えてあげましょう。

 食べムラや遊び食べ、マナーなどの気がかりが出てくることも。この時期はしつけよりも「食の楽しさ」を優先させて、ちゃんと食べないときに叱るのではなく、ちゃんと食べられたときにほめてあげるようにしましょう。

🐤遊び
やり取り遊びでたくさんコミュニケーションを

 赤ちゃんが持っているおもちゃに「ちょうだい」と言いながら手を出すと、手渡ししてくれるようになります。こうした「やり取り遊び」は、「もの」を介して「自分」と「相手」がつながる、新たなコミュニケーション。「ちょうだい」「はい、どうぞ」を延々と繰り返すだけでも楽しい時期です。ボールを転がしてキャッチし合う遊びもおもしろがるでしょう。

記憶力がアップして、おもちゃを探す遊びも楽しめます

 少し前まで、おもちゃを目の前で隠すと「消えた」と思っていた赤ちゃんが、「どこかにあるはず!」と探せるようになります。片方の手に小さなおもちゃを握って「どっちだ?」と当てさせる、お気に入りぬいぐるみを体のあちこちに登らせ、最後に隠して「どーこだ?」と当てさせる、などの遊びも楽しめます。

MORE10~11カ月の良くある気がかりなど、育児のことをもっと知りたい方は👉こちら

 

※本記事は、下記出典をもとに再編集したものです。(新星出版社/向山)

※写真/shutterstock

この連載の他の目次
育児オールガイド
草川功 監修(プロフィールは下記参照)
購入はこちら
草川功(クサカワイサオ)
医学博士、聖路加国際病院小児科医長。1983年東京医科大学卒、1987年東京医科大学大学院を修了。東京医科大学付属病院、国立小児科病院、ピッツバーグ小児病院などを経て、現職。日本小児科学会専門医、日本周産期・新生児医学会指導医および新生児蘇生法インストラクター、American Heart Association PALSインストラクター。NHK Eテレ『すくすく子育て』では医療の専門家として出演。穏やかな口調とやさしい笑顔で、新米ママ達からの信頼も厚い。

新着記事